永代供養堂

沿革

 近年、少子化、核家族化等で、御先祖様をまつり、墓を守っていくことが難しく、新しい供養の仕方、墓のあり方を求められる方々が多くなりました。
 「跡継ぎがないけれど」「自分一人のお墓を」「子供に面倒をかけずに」・・・でも、無縁仏にはならないようにしたい。そんな願いをかなえられる新しい形態のお墓が必要となってきております。
 当山においても、これからの時代に対応し、檀信徒の菩提-こころのやすらぎ-を末永く安らかに弔うことを目的として、永代供養堂「法雲庵」を再興いたしました。
 本尊は、古くから当地の上地区に伝わる霊験あらたかな悩みを聞きとって下さる傾聴地蔵菩薩。総骨・分骨を納めることができます。
 供養堂は、上段の、お位牌をおまつりする位牌堂と、中段の、お遺骨を25回忌まで安置いたします納骨堂、それから下段の、お遺骨を合祀して土に還っていただく輪廻堂の三つからなります。
 建立地は自然に囲まれ、後ろの山々を借景にとりこんで、静かなたたずまいを見せています。また、山の麓からは空中に浮かぶお堂のように見えます。俗世を離れた、より極楽に近い場所とみることもできましょう。
 有縁無縁の仏様や、これまでにお遺骨をお預かりしていた仏様に対して、永遠のやすらぎを得られるお堂ができたことはありがたいことです。 これから、法雲庵を死後の住まいとされる方々にとっても、安心してこの世を生きることができるものと存じております。
 供養堂を利用する方は、仏教信者であればこれまでの宗派は問いません。利用は、生前申込み、遺骨受け入れのいずれも可能です。永代供養、納骨、いずれもできます。
 利用者は過去帳に記録され、永代供養の場合、位牌は供養堂で永代安置されます。お遺骨は、25回忌まで納骨堂で安置され、そのあと輪廻堂で合祀されます。
 当山住職は、永代供養者の百回忌までの年回忌法要をつとめるほか、春秋の彼岸会及び盆に合同法要を営み供養させて頂きます。
 その他、不明な点がございましたら、どうぞお尋ねください。

管理規約(抜粋)

第1条(目的)
少子高齢社会の到来、核家族化、若者の都市移住の増大等により、先祖を祀り墓地を維持することが至難となり、新しい供養の仕方、墓地の在り方が時代の要請となっていることから、松尾山聖福寺に供養の庵を建立し、檀信徒の菩提を末永く安らかに弔うことを目的とする。
第4条(利用資格)
当庵を利用できるのは次の希望者とする。
(1) 聖福寺檀信徒
(2) 一般希望者(仏教信者であれば宗派不問。ただし、申込後は当寺に帰依すること)
第5条(申込及び供養料)
利用は、生前申込み、遺骨受け入れのいずれも可とする。
供養料等は次の通りとする。
(1) 永代供養料 金額は特に定めない
(2) 納骨料 金額は特に定めない
(3) 位牌 合同の位牌(過去帳)に戒名を記帳する
供養料50万円以上納入で希望する方には当寺が個別の位牌を作製する
(4) 納入した金品は返還しない
(5) 申込者は生前中のみ、聖福寺花園会に会費を納入する
第6条(供養等)
当庵の運営・供養細目は次のとおりとする。
永代供養の場合
(1) 当代住職は、永代供養者の百回忌までの年回忌法要をつとめるほか、春秋の彼岸会及び盆に合同法要を営み供養する
(2) 遺骨は25回忌まで骨壺で安置し、以降は合祀し土にかえす
(3) 「永代供養証書」を発行する
(4) 遺骨は返還しない
(5) 過去帳に記録し、永代安置する
(6) 現存する墓石並びに墓地の整理は申込者が行う